×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カニ湯 (竹田市長湯)

大分県観光

カニ湯

 観光計画お助け隊TOP > 大分県TOP > カニ湯
 日本一の炭酸泉湯量を誇る大分県直入町の川沿いにあって、直入で最も有名なカニ湯の紹介です。
 直入町の川沿いにまるで風景の一部のようにカニ湯はあります。現在は人工的なお風呂になっていますが、昔は軽石の中から炭酸水が湧いていたそうです。その炭酸が湧く泡がまるでカニのように見えたことからカニ湯と名付けられたと言われています。
 炭酸ガス濃度700PPMを誇り、これは花王が製造しているバブの7倍にもなるそうです。
 近くに炭酸水が湧き出て、それを飲むことが出来る場所があるのですが、初めて飲むとうぅぅぅ〜って感じです(笑)皆さんレッットライ!場所は観光客が最も通る場所にあり、勇気のある人のみしか入浴できません(水着可)どうしても入りたい人は、早朝か夜間入浴しましょう。
 着替える場所は橋の下にあるのでご安心を。
 さぁあなたもカニと一緒に開放感溢れるお風呂へ
カニ湯
長湯温泉 炭酸水日本一 カニ湯の感想
 駐車場に車を置くと入り口脇に何故か亀の像が。。。カニ湯なのになぜ亀。。。。謎ですすっぽんは安心院のはずなのに。。。
 狭い階段を降りると脱衣所があります(普通の橋の下ですが)目の前の旅館からしか見えません。恥ずかしい人はバスタオルのk準備を
カニ湯長湯 大分県直入町
↓↓  ちょっと豆情報  ↓↓
 温泉が噴出す様はまさしくカニが泡を吹くかのようです。うぅ〜ん、カニ湯だと実感しました。
 近くの旅館の入り口にはかなり昔のカニ湯の写真が展示されていました。今と形は同じですが、コンクリートで固められていません。
カニ湯へのアクセス
大分ホテル旅館
大分 別府 久住 九重 湯布院 温泉