×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

久家の大蔵 (臼杵市)

大分県観光

久家の大蔵

 観光計画お助け隊TOP > 大分県TOP > 久家の大蔵
 臼杵市内にある久家の大蔵の紹介です。
 この蔵は1868年に完成し、以来久家本店の酒蔵として利用されてきたそうです。その側面の壁にタイル画があります。幅8.1m、奥行き30mのこの蔵の特徴はなんといっても蔵の側面にタイルで描かれた絵です。
 美しい青みがかったこのタイルで描かれた絵は有田焼を思い出させるような色で、これを贅沢に使用しています。説明は蔵の横にあるので読んでください。
 実際は取り壊されるはずだったこの蔵は、観光文化の施設として利用しようと、ポルトガルの著名なアズレージョ作家オリジェロ・リベイロ氏が作成したものです。このアズレージョはポルトガルでは古くから国民に愛されているものだそうで、いたるところで見ることが出来るそうです。
 大蔵の中に3枚のタイルありますが、催し日以外の日は見れないそうです。
久家の大蔵
臼杵観光 タイル臼杵 久家の大蔵の感想
 有田焼を思い出させるような美しい青色のタイルには驚かされます。このタイルはポルトガルのタイル・アズレージョを使っており、ロジェリオ・リベイロさんが作ったそうです。(アズレージョを造る人では有名だそうです。)
臼杵の建物 臼杵の蔵
↓↓  ちょっと豆情報  ↓↓
 アズレージョはポルトガルの代表的タイルで、礼拝堂や駅など様々な場所で飾られているタイルだそうです。
 久家の大蔵の中には日頃見ることが出来ない3枚のアズレージョのタイル画があるそうです。
久家の大蔵へのアクセス
大分ホテル旅館
大分 別府 久住 九重 湯布院 温泉