×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 お助け隊TOP > 大分県観光地 > 白水の滝

白水の滝

白水の滝
 竹田市荻町にある豊の国名水15選のうちの1つである白水の滝の紹介です。
ここは夏の避暑地としても、キャンプ地としても有名な場所で、暑くなると多くの人たちが涼しさを求めて訪れます。この滝は大野川の源流で、ここからあの一級河川である大野川になると思うと感動でした。
 白水の滝は散策コースの一番上にあり、途中には大小さまざまな滝を見ることが出来ます。間違えて途中で帰らないように・・・そういえば白水の滝という名前は滝に行く途中にある大小の滝の数が100まで1つ足りなかったので白水となったそうです。
 茶屋では田楽なども食べれるそうで、お助け隊も一度食べに行ってみたいと考えています。

 富士にある白糸の滝とは関係があり、江戸時代には東の白糸、西の白水と呼ばれるほどの滝でした。
 

白水の滝は大野川の源流だった 荻町  大野川の源流
 駐車場横には休憩茶屋があります。隣では軽いお食事もできるみたいです。
 滝まで10分ほどの散策コースを歩いていると看板に、大野川の源流と書かれていました。住んでいる目の前が一級河川の大野川なので、ちょっと感動しました。

白水の滝  白水の滝 途中にある滝と間違えないで
 豊の国名水15選の1つである白水の滝。行く場所から流れ落ちるその水の様はまるで白い糸のように見えます。
 滝までは結構な距離を歩きますが、紅葉や新緑が楽しめるスポットとしても有名です。
 


一番奥に流れ落ちる白糸の滝 竹田観光  陽目の里キャンピングパーク
 高さは約38mある滝です。名前の由来は飛泉(流れ落ちる大小の滝)の数が99個で百にあと1つ足らなかったということで、白水の滝と名付けられたそうです。
 駐車場川を挟んで向かいにはキャンピング場もありますので、夏場は仲間や家族と行くのもいいですよ〜

◎ 白水ダムまでのアクセス ◎
アクセス